【アトピーが悪化する!?】気になるアトケアプロの好転反応とは?

MENU

【アトピーが悪化する!?】気になるアトケアプロの好転反応とは?

好転反応は、身体がアトピーだけでなく、さまざまな症状を改善させようとするときに起こる反応のことです。

 

アトピーを治す過程でも、好転反応はかならず起こります。
アトケアプロを飲み始めて2~1ヵ月くらいでアトピーが一旦悪化したように感じることがあるのですが、これが好転反応です。

 

ここでは、アトケアプロを飲むことで起こる、アトピーの好転反応について書いています。どうぞ参考にしてください。

 

もくじ|アトケアプロの好転反応について

 

【アトピーが悪化?】なぜ好転反応が起こるの?

好転反応とは、身体がアトピーなどの症状を治そうとする自然治癒で起こる反応のことをいいます。
身体自身がアトピーの原因となっている有害な物質やアレルギーを身体から出そうとして、好転反応は起こります。

 

アトケアプロは、純度100%のプロポリスを配合することで、体内からアトピーの原因の毒素の排出、そしてアレルギー反応の抑制をしてくれます。
さらにプロポリスには、自己免疫力を高める効果があるので、赤ちゃんや子供の身体が、「アトピーに負けない!!」とガンバっているときに起こるのが好転反応なのです。

 

好転反応が起こると、一時的にアトピーが悪化したように感じるかも知れませんが、その反応こそがアトピーを治すための第一歩になります!

 

アトケアプロで好転反応が起こったときの対処方法

好転反応が起こっているときは、身体のなかから、アトピーの原因や有毒物質を出そうとしていたり、アレルギー反応を抑制しようとしていたりします。
なので、アトケアプロを飲んで、好転反応が起こったときの正しい対処方法は、「アトケアプロを途中でやめないこと」です。

 

せっかく身体が、アトピーに負けないうように戦っているのに、そこでアトケアプロを飲むのをやめてしまうと、身体が好転反応に耐えられなくなり、結局アトピーが治らなくなります。治らないだけでなく、アトピーが悪化することもあります。

 

アトピーの好転反応が起こっているときは、心配な気持ちがもちろんあるとは思いますが、「体が毒素を出してきれいになるために頑張っているんだ」と思ってください。

 

それでもどうしても、心配でたまらないという方は、アトケアプロの飲む量を減らす(飲まないは良くないです。)こと、かかりつけの病院で相談をすることをしてください。

 

アトケアプロで起こる好転反応について

アトケアプロで起こる好転反応について3つ挙げておきます。

 

排泄反応

まず、アトケアプロを飲むことで起こる好転反応は【排出反応】です。
排出反応は、体が体内にあるアトピーの原因や毒素などを排出しようとするために起こります。
下痢、便秘、発汗、鼻水、吹き出物などの症状がでます。

 

吹き出物やアトピー部分から、汁が出ることがあるのですが、これは「リンパ液」、「浸出液」と呼ばれていて、保湿の効果がある汁なので、心配はありません。
ステロイドをよく塗っていた部分に、多くでる傾向があります。

 

アトケアプロを飲み始め、早い子では、1~2週間で出てくる症状なのですが、ここでアトケアプロを飲むのをやめずに続けるようにしてください。
どうしても、症状がひどいと感じる場合は、アトケアプロを飲む量を減らすようにしてください。
※はちみつアレルギーの子はアトケアプロを飲むことが出来ないので、ハチミツアレルギーがないかどうかは、必ず確認するようにしてください!

 

緩慢作用

排出作用の次に起こる好転反応が、【緩慢作用】です。
眠気やダルさ、疲れなどが症状としてでます。

 

緩慢作用は、体の中の細胞や免疫力の働きをより強くするために、一時的に休ませる作用です。

 

そのため眠気やダルさ、疲れ、体調不良などとして症状がでます。
しかし、身体の中はかくじつにアトピーの原因毒素を排出しているので、引き続きアトケアプロを続けるようにしてください。

 

体のサビ取り作用

排出作用と緩慢作用で、身体のなかのアトピーの原因や有毒物質は、かなりキレイになっているはずです。
そしてこの次に起こる【体のサビ取り作用】こそ、アトピーを治していくための反応です。

 

肌が、新しくきれいな肌を再生するために、一時的にアトピーの腫れや赤みが増しますが、それは細胞が新しくキレイな肌を作ろうとしている証拠になります。

 

ここまでくれば、少しずつアトピーは改善されていくので、アトケアプロをやめないように続けてください。
1ヵ月くらいでこのサビ取り作用の反応を感じることができます。

 

アトピー症状の悪化について

アトケアプロを飲むことで、体がアトピーに負けないように働くために、一時的に悪化したように感じます。
悪化したのが、好転反応なのか、悪化なのかを見極める方法は、残念ながらありません。

 

一時的なアトピーの悪化だと分かっていても、子供がつらそうにしているのを見るのは本当にツラいと思います。
しかしそこでアトケアプロをやめてしまうと、そのままアトピーの好転反応に身体が負けてしまう恐れがあるので、

アトケアプロの飲む量を減らす
塗り薬を塗る

などの対処をしてください。
どうしてもアトピー症状が気になる方は、かかりつけの医師に診てもらうようにしてくださいね。

 

 

⇒【写真多数】アトケアプロを実際に試した体験談はこちらからどうぞ